瞑想,変性意識,脳科学,ブレインハック研究所

ブレインハック研究所とは?

 

難しいことを難しい言葉を使って考えて、
「俺は頭いいな」と自己承認欲求を満たしても、
次の日の朝、寝起きの時にその難しい言葉を使って考えている”あなた自身”でいれますか?ああ無常・・・。

 

 

凡人ましてや普通に仕事をしているサラリーマンの人は本を読んで難しいことを理解するのは不安だし苦痛ですよね?

 

 

本を読んで難しいことを理解して頭を使っているせいで、仕事のパフォーマンスが下がるかも?

という漠然とした不安があります。

つまり、「そんな余裕ないよ」っていう状態です。

 

 

 

私はバカ(アホ)です。バカ(アホ)なので
凡人の本を読んで難しいことを理解することが苦痛、不安な気持ち」がよくわかります。

 

 

実は、私のようなバカ(アホ)なりに理解したことは、難しいことでも簡単にして、小学生でもわかるような理解の仕方をしていることに気付きました

 

 

 

私は、このバカ(アホ)なりに「楽しく、簡単で、わかりやすくしたものにこそ価値があるのでは?」と考えています。

 

 

 

普通なら、

難しい本を読んで、頭を使って疲れて、理解できなくてイライラして、苦労して、理解して・・・」みたいな苦痛が発生しますけど、その難しいことを理解する苦痛取っ払って小学生でもわかる簡単な表現に置き換えた情報には価値があるのではないでしょうか?

 

 

難しい情報を、小学生でもわかる簡単な表現に置き換えて理解すると、凡人にも理解できて実践可能な”技術”が生まれます。

 

 

この「凡人にも理解できて実践可能な”技術”」にこそ価値がある!

それを探求しているのが、

 

ブレインハック研究所」です。

 

怪しい宗教じゃないよ!

 

ブレインハック関係ないじゃん”って思った人へ、

 

当サイト管理人こと、

     ブレインハック研究所代表 

    西川 義久(以下”私”)です。

私は、いかなる宗教団体とも関係ありません。

 

私は、中学生のころから能力開発瞑想ヨガ気孔などに興味をもち、その道を自己探求してきました。

 

その中でも瞑想に特に興味があり、色々な書籍を読んで方法を実践してきました。

 

本に書かれていることを真似て、瞑想してみるのですが、たしかにリラックスしてストレス解消にはなるのですが、それだけでした。

 

本には、宇宙との一体感とか、神秘的な体験とか、悟り、とか色々なことが瞑想によって得られるように書かれていましたが、まったくそういったインパクトのある体験をしたことがありませんでした。

 

そんな状態が15年ほど続きました。

 

勤めていた会社を退職したこともあり、今までやってきた瞑想をもっと本気で取り組もうとやけくそになり瞑想を実践してみました。

 

そして、”あるもの”を見つめながら瞑想をして目を閉じたとき、
体がなくなって、宇宙の真っ暗闇自分の意識だけがポツンとあるような感覚が起こりました!

 

最初は、気でも狂ってしまったのかと恐怖を感じたのですが、実はこれが瞑想状態の感覚だったのです!

 

私はこの体験が原点となり、「瞑想状態とはこれなんだ!」と今では自信を持って言えるくらいの体験をしてきました。

 

私の中の定義では、
瞑想状態とは、脳の生理現象を利用したブレインハックだと考えています。

 

ブレインハック脳のシステムを閲覧すること

 

つまり、あなたの脳を知ることブレインハックです。

 

私というバカ(アホ)凡人が凡人なりに瞑想を探求してきた結果

 

凡人にも理解できて実践可能な”瞑想の技術”」を開発しました。本やサイトを探っても出てこない瞑想状態を体感する技術です。↓

 

「凡人にも理解できて実践可能な”瞑想の技術”」とは?

 

 

 

てゆうか、「瞑想て何?」と思った人は、
このサイトを見ることで、”腑に落ちる”理解ができるようになります。

 

瞑想変性意識状態に関して、
ここまで、わかりやすく凡人でも理解できるような説明をしているサイトは他にないのでは?と思うくらい、体験者だから言える"そこが知りたい”を詰め込んでいます。
小学生でもわかるような解説を心がけていますので、今すぐ読んでみて下さい。

 

「瞑想状態を知らずに死ねるか!」

 

瞑想状態とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Top ブレインハック研究所のDVD 瞑想とは何か? お問い合わせ